たくさんの猫と猫に育てられたドラゴンが登場する心温まるファンタジー漫画『猫と竜』

本記事では「このマンガがすごい!WEB」にて連載されている漫画『猫と竜』を紹介します。

本作は猫(ケットシー)とドラゴンが主役のファンタジー作品。

ドラゴンとたくさんの猫キャラが登場しますよ!

戦闘シーンは少なめで、人間と猫、そしてドラゴンとの日常的な関係を中心に描かれています。

そのため、魔法が存在するファンタジーな世界が舞台となっていますが、全体的にほのぼのとした心温まる内容になっています。

「猫と竜」というタイトルですが、竜も猫に変身することができるので作品全体ではモフモフ度が高い作品。

猫好きの方や、モフモフしたキャラが好きな方で、癒されたい方におススメな漫画です。

本作のケモ・ドラ・人外要素は?
  • たくさんの猫(ケットシー)が主役
  • 猫に育てられた竜が登場
  • 猫(ケットシー)と人間が共存する世界
スポンサーリンク
目次

基本情報

タイトル猫と竜
原作アマラ
漫画佐々木泉
巻数【単行本】6巻(2021年10月時点)
【電子書籍】3巻 (2021年10月時点)
連載サイトこのマンガがすごい!WEB
原作サイト小説家になろう

あらすじ

1匹の母猫によって育てられた火吹き竜。

ある理由から極度の人間嫌いとなった竜は、母猫への恩を返すかのように森の猫たちに寄り添い続けた。

森の猫たちは十猫十色。

人間の王子と冒険の旅に出たり、街に暮らし人間観察、少女に魔法を教えたり……。

そんな好奇心旺盛な猫たちを竜は助け、見守り続ける。初めは人間を嫌っていた竜も彼らを通して人間を知り、やがて……?

引用元: このマンガがすごい!WEB「猫と竜【無料マンガ】」

本作のポイント

猫と竜の異色の組み合わせ

猫と竜がメインで物語が展開する本作。

森の猫とも呼ばれているケットシーと、その猫に育てられた竜が登場するちょっと珍しい作品になっています。

ケットシーは普通の猫にしか見えない可愛らしいキャラクターです。

森の猫と呼ばれている通り、森の中に集団で暮らしています。

魔法を使って狩りをすることもできます。

世話好きな種族でもあるのか、同種以外にも竜や悪魔、人間をも教育できる非常に賢い種族でもあります。

出典:「 猫と竜 1巻 (このマンガがすごい!Comics) 」より

ドラゴンは人間から恐れられている伝説の「皇竜」。

彼は卵の時に親と離れ離れになり、その時に森で子育てをしていた「母猫」に拾われました。

それからドラゴンは母猫に育てられることになり、森の猫を本当の母親だと思い成長していきます。

ある出来事を境に母猫がいなくなると、ドラゴンも猫たちの子育てを手伝うように。

そして、いつの間にか猫たちから「羽のおじちゃん」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、ドラゴンは猫の姿にも魔法で姿を変えることもでき、翼が生えた猫の姿に変身できます。

この姿のドラゴンを人間たちは「猫竜」と呼んでいます。

リュウキ

子供のころのドラゴンがめちゃくちゃ可愛らしいんですよ

人間と共存する猫と人間嫌いの竜

森の猫に対して非道な行いをしてきた人間を見てきたドラゴンは大の人間嫌い。

それに対して猫たちは人間にも興味を示し、中には人間と一緒に暮らし始める猫もいます。

ドラゴンが人間たちを牽制するのも、猫たちが人間に襲われないようにするため。

本当の我が子のように猫たちを心配する姿は見ていてとても愛らしく感じてしまいました。

そんな「羽のおじちゃん」の心配をよそに、優しい人間がいることを知っている一部の猫たちは街を訪れて人間と共に生活を送ります。

さらに、人間より森の猫たちの方が魔法を上手に使えて強いこともあり、逆に人間を教育する立場になるという面白い関係性になることも。

このような猫たちの話を聞いて、「羽のおじちゃん」こと「皇竜」も優しい人間がいることを知ることになります。

心温まるファンタジー漫画

「小説家になろう」を原作としたファンタジー作品には、ひときわ強い主人公が人間や魔物を一網打尽にするような内容の作品も多いですが、本作はそのような作品とは違って全体的に心温まる内容のファンタジー漫画になっています。

物語も色々な猫たちに焦点が当てられながら展開されていき、様々な人間事情や猫事情を楽しみながら読んでいくことができます。

人間に興味を持って街に住み始める猫、幼い人間を立派に育てるために生活を共にする猫など、猫ごとに色々な物語が描かれています。

もちろん、羽のおじちゃんに焦点を当てたお話もあります。

子供のだった時の自分の経験から子猫たちを指導する描写は思わずほっこりしてしまう内容になっています。

まとめ

猫と竜が登場する作品とのことで読んでみました。

登場する猫の種類が意外と多くて竜も猫に変身するので、想像していたよりもモフモフした作品になっていました。

記事にも書きましたが、戦闘の描写は少なく、全体的に落ち着いた作品です。

バトルものが好きな方には物足りないかもしれませんが、可愛い猫たちで癒されたい方にはピッタリの作品。

猫好きの方や、モフモフしたキャラが好きな方で、癒されたい方におススメな漫画です。

関連書籍情報

小説版

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる