漫画

働かずに遊んでいたい動物の大学生漫画『いつか働くお兄さん!』

「コミック電撃だいおうじ」にて連載されていた擬人化された動物たちが主役の漫画『いつか働くお兄さん!』を紹介します。

本作は2018年にTOKYO MX、BSフジにて放送されていたアニメ「働くお兄さん!」のスピンオフ作品です。

アルバイトを題材とした内容になっており、原作のアニメでは色々なアルバイト携わる内容になっていますが、本作では働かない2匹に焦点を当てたコメディ漫画になっています。

基本情報

【タイトル】 いつか働くお兄さん!
【原作】   宇佐義大
【作画】   寺山電
【掲載誌】  コミック電撃だいおうじ
【連載期間】 2018年1月27日 ~ 2019年4月27日
【巻数】   全2巻

本作のポイント

働かない猫とウサギ

本作でメインキャラとなるのは猫の「ハチ谷 ルフ太」とウサギの「ネザ園 ウワ春」の2匹で、2匹とも大学1年生です。

大学に入学するとアルバイトを始める人も多くいますが、ルフ太は「放課後は遊んでこそ大学生」ということで働かないことを決意!

友達の「ネザくん(ネザ園)」と一緒に放課後を満喫します。

ちなみにネザくんもアルバイトはしていませんが、何故かお金には困っていない様子。

一人暮らしでスマホ複数持ちなど、実家暮らしでお金に困っているルフ太とは対照的な存在になっています。

性格も子供っぽいルフ太とは違って大人っぽい落ち着いた性格です。

こんな感じで対照的な2匹ですが、お互いのやり取りはパズルのピースがピッタリとハマるような面白さがあります。

アニメ版のキャラクターも登場

原作アニメ版のメインで登場していた2匹も本作で登場しています。

「茶トラ沢 タピオ」と「ロシ原 クエ彦」の猫コンビです。

この2匹はアニメ版ではバリバリ働いていたので、本作でも勿論バリバリ働いています!

作中でタピオはルフ太に対して労働の楽しさを説きますが、はたしてルフ太の気持ちが変わることがあるのか。。。。笑

まとめ

キャラクターもそうですが、物語の内容も気になって購入した本作。

大学生活が舞台になっていることもあり、思わず自分自身の大学時代を思い出しながら読んでいました。

私もルフ太寄りの考えを持っていたため、働かずに楽しく過ごしたいという気持ちには物凄く共感できました!

ルフ太とネザくんの2匹も可愛らしく、お互いのやり取りも自分の好みだったので、あっという間に2巻とも読んじゃいました。

ほのぼの系漫画や動物キャラが好きな方におススメしたい作品です。

販売サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください