ゲーム

カメレオンとコウモリの大冒険!アクションアドベンチャーゲーム『Yooka-Laylee(ユーカレイリー)』

本記事では「Playtonic Games」開発の『Yooka-Laylee(ユーカレイリー)』を紹介します。

本作は主人公のカメレオン「Yooka(ユーカ)」と相棒のコウモリ「Laylee(レイリー)」のコンビを操作して個性あふれる世界を冒険するアクションアドベンチャーゲームです。

「スーパードンキーコング」や「バンジョーとカズーイの大冒険」を制作した元レア社のスタッフが担当した作品で、「バンジョーとカズーイの大冒険」の精神的後継作になっています。

そのため、収集アイテムなど「バンジョーとカズーイの大冒険」を意識したと思われる要素が数多く含まれているのも特徴です。

バンカズなどのレア社独特の世界観が好きな方には特に馴染みやすいゲームになっています。

基本情報

【タイトル】Yooka-Laylee
【ジャンル】アクションアドベンチャー
【ハード】PS4 / Nintendo Switch / Xbox One / PC

※日本語対応版は「Nintendo Switch」と「PC(Steam)」のみ
【価格】\3,980-(税別)
※価格はパッケージ版やダウンロード版、対応ハードにより若干異なる場合があります。
【公式サイト】https://www.playtonicgames.com/games/yooka-laylee/

本作のストーリー

世界中の古本を手中に収めることで市場独占を目論むHivory TowersのCEO「Capital B」。

専属の科学者が発明したマシン「ノベライザー64」を使用して世界中の本を吸い上げていきます。

Hivory Towersの近くでバカンス気分の主人公「ユーカ」と「レイリー」でしたが、2匹が持っていた大切な本もこのマシンに吸い込まれてしまいます。

ユーカとレイリーは大切な本を取り戻すためHivory Towersに乗り込みます。

本作のポイント

カメレオンとコウモリのコンビ

本作一番のポイントはカメレオンの主人公「ユーカ」とコウモリの相棒「レイリー」の個性的で可愛いコンビです!

精神的後継作ということもあり、思わずバンジョーとカズーイを連想しちゃいます。

本作の2匹も冒険中は常に一緒に行動します。

冒険中はユーカの頭の上にレイリーが乗っかています。

主人公のユーカはオスのカメレオンです。

服は着ておらず、敵からは「裸の爬虫類」などと呼ばれています。笑

クルっと巻かれている尻尾がカメレオンらしくて可愛い!

相棒のレイリーはメスのコウモリで赤い大きな鼻が特徴です。

この子も可愛い見た目をしておりますが、かなり毒舌でNPCに対して辛辣な発言を連発します。

外見と発言内容のギャップが凄まじい。笑

このようなちょっと過激な発言やメタ発言が豊富なのも元レア社のスタッフが作ったゲームらしくて個人的に大好きです。

特徴的なアクション

本作で用意されているアクションも特徴的で面白いものばかりです。

複雑な操作とかはなく、簡単に様々なアクションを繰り出すことができます。

ユーカが転がりレイリーがその上で走ることでスピードアップ!急な坂も上れる!
特別な木の実を長い舌で食べると氷や水を吐けるように!体の色が変わるのもカメレオンらしい。
コウモリのレイリーが出す超音波で敵をひるませることもできる!

このような特徴的なアクションを活用しながらステージを攻略していきます。

もちろん最初から全てのアクションを使うことはできませんので、ステージを進めていくことで使えるアクションを徐々に解放してくことになります。

ギミック豊富なステージを探索してPagieを収集

本作の主な目的となるのが盗まれた本のページ(Pagie)収集です。

悪役であるCapital Bの目的がこの本を手に入れることであることを知り、 ユーカたちはCapital Bの野望を阻止するために各ステージに散っていったPagieたちを集めることになります。

PAGEは金色でお目々が付いてます

各ステージには様々な仕掛けが用意されており、ミニゲームや謎解きなどをすることでPagieを入手するこができます。

ストーリーを進めるためにはある程度のPagie数が必要なため、謎解きやミニゲームは積極的にチャレンジしていきましょう!

ドンキーコングシリーズでもお馴染みのトロッコのミニゲーム。
難易度は高めです。

また、ステージの種類も寒冷地や沼地など雰囲気が全く異なるステージが用意されているため何時間プレイしていても飽きることがないです。

NINTENDO64風のグラフィックも存在

そして本作ではNINTENDO64のようなレトロなグラフィックで冒険を楽しむこともできちゃいます!

ブラウン管テレビでプレイしているような感覚が体験できます

フレームレートも低い値(20FPS)で固定されており、かなりのこだわりを感じます。

グラフィックは各ステージにいる黄色いキャラクターに話しかけることでいつでも変更可能です。

レトログラフィックは面白いモードではあるのですが、自分の場合は少しプレイしただけで目が疲れてしまいました。汗

人によると思いますが、このモードで長時間プレイするのは厳しいかもしれません。

ちなみにこのモードはSwitchとPC版では確認できていますが、PS4とXbox版でこの機能が追加されているかは不明です。

まとめ

カメレオンのキャラクターに惹かれて久しぶりにレア社のスタッフが制作したゲームをプレイしましたが、最後まで楽しくプレイすることができました!

日本語版は翻訳が分かり難い箇所がいくつかりましたが、レア社のゲームではお馴染みのメタ発言も楽しめたので大満足です!笑

難易度は謎解きやミニゲームの中にはかなり難しいものもありますが、ストーリーをクリアするだけなら全ての謎解きにチャレンジする必要はないので、クリアだけが目的ならそこまで難しくはないです。

また、敵との戦闘に関してはボスも含めて単調になりやすいので、戦闘が好きな方は物足りなく感じるかもしれません。

本作は敵との戦闘よりも謎解きやミニゲームがメインになっている感じですね。

アイテム収集が好きな方、私と同じく主人公に惹かれた方、レア社のゲームが好きな方には是非プレイしていただきたいゲームです。

ハード別製品情報

Nintendo Switch版

・ダウンロード版のみ日本語対応

「My Nintendo Store 商品購入ページ」

PC版(Steam)

・日本語対応

PS4版

・日本語非対応

Xbox One版

・日本語非対応

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください