キツネのケモノキャラが世界を救う大冒険!ムキムキなカラスたちとも戦うアクションアドベンチャーゲーム『Stories: The Path of Destinies』

本記事では「Spearhead Games」より発売中のゲーム『Stories: The Path of Destinies』を紹介します。

本作はケモノなどの人外キャラが暮らす浮島の世界を舞台に、主人公であるキツネのケモノキャラを操作して悪の皇帝から世界を救うために戦うアクションアドベンチャーゲームです。

物語は常に一冊の本を読み進めるように進展していき、節目でプレイヤーに物語の展開を選択させるシステムになっています。

簡単な操作でスピーディーな戦闘を楽しむことができますが、日本語非対応作品なので購入前に注意が必要です。

本作のケモ・ドラ・人外要素は?
  • ケモノなど人外だけの世界が舞台
  • 主人公がキツネのケモノキャラ
  • メインで登場する敵がムキムキなカラス獣人
スポンサーリンク
目次

基本情報

タイトルStories: The Path of Destinies
ジャンルアクションアドベンチャーゲーム
ハードPC(Steam)
価格¥1,480-
言語日本語サポートなし
公式サイトサイトリンク

あらすじ

元空賊でキツネの「レイナルド」は家で音楽を聴き、ワインを飲む日々を送っていました。

ある日、謙虚で恥ずかしがりやだったカエルの皇帝が豹変。

皇帝は大きな力を持つといわれる魔法の本を手に入れるため、帝国のカラスの姿をした兵士たちにレイナルドの故郷を襲わせます。

その魔法の本は隠されていましたが、あるウサギの子供がその本を帝国に抵抗する反乱軍に渡すために持ち出してしまいます。

レイナルドは今は亡きその子供の母親に「彼を守る」と約束をしていたため、敵が狙う魔法の本を子供から取り返そうと追いかけるが...

本作のポイント

主人公はキツネのケモノ!敵はムキムキなカラス!

本作の主人公はキツネのケモキャラ「レイナルド」!

左目には眼帯を付けており、元空賊感も出ていますね

剣の扱いが得意で、ゲーム中も素早い身のこなしで敵を切り刻みます!

そして、本作でメインの敵となるのがカラスの姿をした兵士たちです。

真っ黒い見た目をしていますが、鍛え上げられたムキムキな体をしていることがわかります。

飛空艇を操縦したりと意外と知性も高そうです。

他にもウサギの「ラピーノ」や猫のメスケモ「ゼノビア」も登場。

物語の選択肢によっては、主人公と共に行動していくことになります。

簡単な操作で敵を一掃

本作では戦闘時の操作も簡単で、操作になれてくると複数の敵もあっという間に殲滅することができるようになり、爽快感のある戦闘を楽しむことができちゃいます。

基本的なコマンドはコントローラーを使用する場合、左スティックと攻撃技ボタン、そして掴み技ボタンの3つのみ。

剣の特殊効果を発動させたり、フックショットを放てるボタンなどがありますが、大体の戦闘は3つのボタンを使用するだけで敵を一掃することができます。

突っ込んでくる敵に対してカウンターを使うことが可能。これを使いこなせるようになれば戦闘が一気に楽になります

ただ、人によっては、単純なだけにある程度ゲームをやり込んでいくと、戦闘が作業化していってしまう恐れがありますかね。

スキルツリーやアイテムなどにより主人公を強化

他のゲームと同様に本作にもスキルツリーやジェムなどの主人公のステータスをアップさせるシステムがあります。

スキルツリーでは経験値を一定量貯めたりなどで入手できるスキルポイントを使用することで様々なスキルを入手できます。

ジェムは最大3つまで装備することができ、攻撃速度が上がったり、敵の縦装備を通常攻撃で壊せるようになったりとかなり有用なものが多いです。

また、戦闘で使用できる剣もフィールドの宝箱から入手できるアイテムを集めることで4種類の剣を作成することができます。

本を読み進めるように物語が展開

初めから終わりまで、本作の物語は全て一人のナレーターがプレイヤーに本を読み聞かすように進んでいきます。

なので、主人公も含めてキャラクターたちの声もナレーターの人が声をあてるちょっと特殊なゲームになっています。

プレイヤーが物語の展開を選択

物語の節目ごとにプレイヤーが展開を選択できるようになっています。

上記の画面では「ウサギのラピーノを救って協力してもらう」か「大きな力を持つ古代の遺物を手に入れる」かの選択になります

プレイヤーの選択によって20以上もの結末が用意されており、1つの結末を見終えると本のページは物語の冒頭の方へ戻ります。

主人公は同じ物語を何度も歩むことになりますが、選択肢は変えることができるので、前の物語で知り得た情報も考慮しながら展開を選ぶことがポイントになってきます。

これを繰り返しながら、主人公を真のエンディングへと導いていきます。

まとめ

キツネのケモキャラが主人公の本作。

アクションは想像していたより爽快感のある戦闘を楽しむことができました。

ですが、メインとなる物語の部分が日本語非対応だったため、英語が苦手な自分は理解するのに苦戦しましたが、プレイヤーが選択する場面は時間制限などがなかったため、スマホで翻訳しながら進めることでなんとか理解しながら真エンディングまで遊べました。

英語に抵抗がない方は物語も含めて更に楽しめるかと思います。

戦闘に関しては記事でも記載していましたが、簡単に操作ができる分、アクション好きの方には少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

キツネのケモキャラを操作したい方、アクションゲームを気軽に楽しみたい方におススメなゲームです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる